[超硬ラジアスエンドミル]【送料無料】三菱マテリアル(株) 三菱K ミラクルR付エンドミル1.5R VC4JRBD1600R0150 1本【161-9977】【北海道・沖縄送料別途】【smtb-KD】

【最安値】 サッシカイア [2017] ) 赤ワイン (-その他



94点!


34年ぶりの快挙です!

元祖《スーパー タスカン》として有名ながら、その人気は今もなお、衰える事のない、サッシカイア。

以前、ワインの検索サイト《ワイン・サーチャー》でも『最も検索されているイタリアワイン』の首位を獲得。

2015年では、《ワイン スぺクテイター誌》が選ぶ《2018 年間TOP100》の第1位に輝き、その凄さを見せつけられっぱなしです。

が、

さらに、その上を行く結果を出したのが、2016年物です。

なんと!

《ワイン アドヴォケイト誌》100点獲得!

1985年以来34年ぶりとなる100点獲得だそうです。

さすが、サッシカイア!やりました!

そして待望の2017年ヴィンテージが入荷です!

限定数の入荷なので、超貴重です!

在庫があるうちに、買ってくださいね。
■『eRobert Parker.com』より抜粋■
The 2017 Sassicaia is a fascinating wine that symbolizes a never-ending tug-of-war between vintner and vintage. The question is who comes out on top? In this case, my money is on the vintner. The 2017 vintage, characterized by scorching heat and drought across much of Italy, was not an easy one. However, vintners had ample time to prepare because those climatic challenges had already played out midway through the summer season. Vintners with experience such as that amassed at Tenuta San Guido (now on the eve of Sassicaia's 50th birthday celebration) knew exactly how to handle the tricky 2017 growing season. Fruit was harvested early to avoid any jammy sensations, and a strict selection process was employed in order to preserve the best clusters. This Sassicaia represents 83% Cabernet Sauvignon and 17% Cabernet Franc, with most of the fruit coming from the Tenuta's historic vineyards Castiglioncello, Quercione and Doccino. These plots are all located on the back hill of Bolgheri at slightly higher elevations where they enjoy cooler nighttime temperatures. Old vines also have a deeper root system that is key to braving dry and hot summers. You can absolutely taste those choices here thanks to the wine's aromatic profile that offers more variety-driven green highlights of wild berry, forest floor and bramble than I would have expected. With time, as the wine takes on more air in the glass, you get a hint of summer plum or cherry cough drop, and this, to my surprise, is the only subtle reminder of the hot vintage encountered. I found the aromas here to be authentically 'Tuscan' in character, more so than other vintages, with balsamic and Mediterranean elements that borrow directly from the Sangiovese playbook. I left the wine in my glass over the course of a day, checking back periodically, to find a growing mineral profile of rust or metal that recalls the high concentration of iron and manganese found in these Bolgheri soils. Another vintage-specific adjustment made in 2017 was shorter overall maceration times in steel tanks (from 10 to 12 days for the Cabernet Sauvignon and eight to 10 days for the Cabernet Franc). However, pump-overs and d?lestages were almost doubled in order to introduce more oxygen to the yeasts during fermentations at lower temperatures. Based on my understanding of fermentation kinetics, this means the 2017 Sassicaia would have achieved the same amount of extraction in about half the time. This process champions the cool-temperature fermentations that are a hallmark of Tenuta San Guido, despite the heat of the vintage. This puts more emphasis on aromatic elegance and minerality, rather than mouthfeel texture or creaminess per se. In fact, the 2017 Sassicaia is much shorter in the mid-palate compared to 2015 or 2016. In terms of oak, Tenuta San Guido takes advantage of the softer tannins found in Allier and Tron?ais oak. The 2017 vintage saw a greater percentage (from 20% to 30%) of third and fourth passage barrique during the first 10 months of aging. The decision to use more neutral oak favors the reduction of oxygen and softens the tannic profile. Although the wine does end with a hint of bitterness, it took on noticeably more volume and soft richness the longer I kept my sample in the glass.

To recap my assessment, and with the memory of the 100-point 2016 vintage so fresh in my mind, I would give this wine a seven out of 10 in terms of aromas, a five out of 10 in terms of mid-palate, and an eight out of 10 in terms of structure. Another way to read those conclusions is as follows: The 2017 Sassicaia was expertly built to withstand a long aging future, yet only time will tell if the beauty of the bouquet will evolve at the same pace. This fascinating wine magically captures the hallmarks of cool-temperature winemaking in one of the hottest vintages in recent years. Vintners, not vintage, won this round.

◆パーカーポイント:94点
◆飲み頃:2021~2040年

■輸入元様資料より抜粋■
【気候】
2017年は非常に暑いヴィンテージで、2003年や2012年と間違えられることもある。実際、春の終わりから夏に例年の気温を超えることが多い年ではあったが、ボルゲリで生産されたブドウの生育状態と果実の官能的要素は優れている。秋と初冬の降水量は平均的だったものの、北風による厳しい寒さが特徴的だったが、休眠を促し、ブドウ樹の主な病害を自然に防ぎ、土壌の保水をバランスよく維持することができた。3月下旬に平均をはるかに上回る急激な気温の変化があり、開花の条件を整えたが、房はまばらで果実が小さくなり収量が低下。その結果、生産量は約18~20%減少した。一方、ブドウの品質は、夏は非常に暑かったものの、ブドウ樹にとって持続可能な状態にあり、通常通りの成熟を遂げた。夏の残りの期間は7月下旬まで、晴天で気温が高く、雨が降らないことが特徴的だった。8月中旬、ブドウのフェノール成熟が始まる頃に、大西洋の乱気流により2~3日間雨が降り、気温が大幅に低下。 これにより、ブドウ樹は技術的に頼らずフェノール成熟を継続できた。ブドウ樹の生育、とりわけ生命維持に必要な機能はストレスを受けず、果実の成熟を決定づけるフェノール作用に必要な光合成を続けることができた 。
ブドウ樹の生育に最も重要な時期に降った雨により、ポリフェノールの優れた栄養素の完璧なバランスを保ちながら、糖(ブドウ糖と果糖)濃度が希釈され、細胞が膨張し、果実が重く大きくなった。8月中旬から9月末までの日較差は第一アロマと第二アロマに非常に好ましい状態をもたらした。さらに、果醪のフレッシュ感とエレガンスに不可欠な酸味の増加を促した。


【土壌】
様々な生態学的特徴が合わさった、石灰石を含む、石が多い粘土質の土壌。標高は100-400m、西、南西向きの畑。

【栽培方法】
コルドン(垣根)仕立て。古樹は植樹密度が3600-5550本/ha、新樹は6200本/ha。

【収穫】
収穫は手摘みで行われ、約8日早く8月30日からカベルネ・フラン、その後、カベルネ・ソーヴィニヨンを収穫。

【発酵】
ソフトプレスと除梗ののち約28-30℃に調節されたステンレスタンクで自然アルコール発酵(培養酵母無添加)。マセラシオンは、カベルネ・フランでは約11~12日、カベルネ・ソーヴィニヨンで13~14日間行われ、屋外でのルモンタージュとアルコール発酵中のデレスタージュを頻繁に実施したことで、優れた骨格と芳香成分を備えたエレガントな果醪が得られた。その後、マロラクティック発酵がステンレスタンクで自然に発生し、11月末までに完了。

【熟成】
フレンチオーク樽(新樽1/3、残りは1・2回使用済樽)で2年間熟成。ブレンドは12月末に実施し、瓶詰めと精製を経てリリース。

【テイスティング】
しっかりとした骨格が特徴的で、果実と腐葉土の香りが非常に強いが、攻撃的すぎず熟していて溶け込んだしなやかなタンニンと完璧に調和している。観察条件から、このヴィンテージは特にサッシカイアにとって2009年や2007年、あるいは2005年ヴィンテージにも非常に似た凝縮したヴィンテージになると考えている。 2016年や2013年のような他のヴィンテージと比較して、「より熟成が必要な」サッシカイアになることは間違いない。一方、中長期の熟成でブーケが開き優れたポテンシャルを発揮し余韻と味わいにおいても発展するだろう

INFORMATION
NameSassicaia Tenuta San Guido
ブドウ品種カベルネ・ソーヴィニヨン/カベルネ・フラン
生産者名テヌータ・サン・グイド
産地イタリア/トスカーナ
RegionItaly/Toscana
内容量750ml
WA94/Issue 3rd Jan 2020
WS-/Issue -

Zoom R24 デジタル Multitrack Recorder 「汎用品」(海外取寄せ品) 大光電機 調色シーリング DCL-41121
8/15限定トリロジー・ネックレス・王冠・k10・オパール・ネックレス

このページの先頭へ

そうきゅうPAI14-A4Y(オーダーメイド/印刷料込み/施工料込み/送料無料/スタンド看板/立て看板/スタンドサイン/店舗用/店頭/屋内/和風/おしゃれ/オープン/クローズ/片面/耐久性抜群/ポスター入れ替え式/ポスターパネルタイプ/出力紙の利用可/四方開閉式/ポスター料込み/A4横)
LKI3345B(オーダーメイド/印刷料込み/施工料込み/送料無料/スタンド看板/立て看板/スタンドサイン/店舗用/屋内/屋外/おしゃれ/オープン/クローズ/片面/ウエイトベース標準装備/アイキャッチ効果/エコノミー/L型/キャスター付)
キーパーロータイプI46(オーダーメイド/印刷料込み/施工料込み/送料無料/スタンド看板/立て看板/スタンドサイン/店舗用/屋内/屋外/おしゃれ/オープン/クローズ/両面/アイキャッチ効果//A型サイン/折り畳み/持ち運び/収納楽々)